素肌とのメカニズム

女性

内側から美しくすること

素肌は常に美しく若くありたいものの、肌トラブルは予告なしにやってくることが多く、理由のひとつは便秘です。腸内の状態と素肌は密接な関係にありますので、特にダイエットを実践している時などは、便秘になりやすくて肌荒れもしやすい時期になります。素肌のことも便通のことも考えて、栄養成分を含む健康食品を使ったダイエットを取り入れることもできますから、対策は事前にしておくことです。ビタミンや水分量に食物繊維も少なくなるダイエット中は、まさに便秘になりやすいゾーンであり、体重を落としながら肌荒れに悩みやすくもなります。カロリー計算をして食事量を減らすダイエット期間は食事を食べる量も減るため、便通を促す栄養が少なくなり、便通は滞りやすいです。水分も足りない上に、腸内を刺激する食物繊維も不足をすると、次第に便秘がちになりますし、そのうちに慢性化することもあります。常に便通の良くない状態が続いてしまうと、次第に便の腐敗が進行をして、さらに腸内では老廃物の発酵が始まります。硬くなった便は腐敗して発酵まですることで、今度はガスや有害物質を発生させることとなり、これが肌に対して良くない理由です。体内に有害な物質が出てくると、人間の体は自らを守るためにも有毒なものは、体外へと排出をさせる機能が働きます。しかし排泄は良くない状態であるために、順調に排便のできないことがネックとなり、今度は皮膚の毛穴から毒素を排泄させようとするのが、便秘の時の肌荒れのメカニズムです。腸内をクリーンにして便秘を解消させていくと、肌荒れ状態はゆっくりと改善されて、元の美しい肌へと戻ります。